とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論 (イースト新書)

著者 :
  • イースト・プレス
3.64
  • (2)
  • (6)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781651064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 40前後のTV批評好きにとって、ナンシー関の名前が出されるともうそれだけで胸アツになってしまう。当たり前の事なんだけどね。

  • 「アメトーーク」や「水曜日のダウンタウン」などの番組がなぜ人気かというのを、的確に分析しているのが面白かったです。

    テレビはどうなっていくんだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

おわライター/お笑い評論家。お笑いに関する取材、執筆、イベント主催、マスメディア出演など、多岐にわたって活動。現在、お笑いムック『コメ旬』(キネマ旬報社)の編集長を務める。

「2013年 『バカだと思われないための文章術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論 (イースト新書)のその他の作品

ラリー遠田の作品

ツイートする