「図太い神経」をつくる本 (文庫ぎんが堂)

著者 :
  • イースト・プレス
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781670942

作品紹介・あらすじ

打たれ弱くても、それなりに生きていくことはできる。だが本当に成功するためには、打たれ強くなることが絶対必要である。「過敏人間」であるばっかりに、実力を発揮できないなんて、こんなにもったいないことはないではないか。本書には、小さなことでクヨクヨしない、「鈍感人間」になるための心理テクニックが満載。これを読んで、批判や侮辱にも負けない、図太い神経を手に入れよう!「ふてぶてしい」は誉め言葉だ。いちいち「空気」なんか読むな!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オーディオブックで読了。
    心の強い人から見た、図太い人の特徴集。持っている人が持っていない人に教えている印象を受けます。
    椅子を蹴っ飛ばしてブチ切れれば舐められないとかのアドバイスは私のような心の弱い人間には無理です。
    というかやりたくないです。
    メンタルの強さはフィジカルの強さと関係があるというのは理解できますが、文中でかかれている方法は、例えば男性、女性でも差が出るようなものです。
    同意できません。

  • 心を強くするには体を鍛えること

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

心理学者。立正大学客員教授。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。アンギルド代表取締役。社会心理学の知見をベースに、ビジネスを中心とした実践的分野への応用に力を注ぐ心理学系アクティビスト。
主な著書に、『「人たらし」のブラック交渉術』『ビビらない技法』(大和書房)、『ジョジョの奇妙な冒険が教えてくれる最強の心理戦略』(かんき出版)、『リーダーのための『貞観政要』超入門』(水王舎)などがある。著書は200冊を超える。

内藤誼人の作品

ツイートする