カレーライス進化論 (イースト新書Q)

著者 :
  • イースト・プレス
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781680293

作品紹介・あらすじ

日本人が愛してやまない国民食・カレーライスとは、いったい何なのか?インド、イギリスを経て日本にたどり着いた後、独自の進化を遂げ、今や日本オリジナルの料理になっているカレーライス。そんなジャパニーズ・カレー150年の歴史から、世界で日本人だけがこだわっているカレー作りの7つのポイント、カレーのおいしさの構造分析まで、カレーライスの未来につながるアイデアを、カレースター・水野仁輔が大放出。日本のカレーの明日は、この1冊と共にある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:383.8||M
    資料ID:95180149

    インド、イギリスを経て日本にたどり着いた後、独自の進化を遂げたカレーライス。そんなジャパニーズ・カレー150年の歴史から、カレー作りのポイント、カレーのおいしさの構造分析までが徹底紹介されています。
    (生化学研究室 大塚先生推薦)

  • 383.8

  • カレー文化のあるのは日本だけである、っていうのが「おおう!」と来た。

  • 筆者があまりにカレーにのめり込みすぎていて面白さを感じてしまう。そもそも職業(?)カレースターとはなんだ。文章中も、”カレーライスがなぜおいしいかを論じるのは、少し滑稽な気がする。リンゴがなぜ木から落ちるのかと同じくらい自明なことだ。”とか”カレーのオープンソース化”(カレーのレシピの共有化)とか笑ってしまう。
    内容はカレーのタイトルの通りカレーのルーツが主。日本のカレーの今後の進化にも期待しているようだ。カレー◯◯とかカレー風味の◯◯とか、カレーは本当に無限の可能性を秘めている。なお、私がはじめて知ったことは、カレー粉自身には味はないということ。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

株式会社エアスパイス代表取締役。カレースター。1999年に立ち上げた「東京カリ~番長」名義で全国各地へ出張し、これまで1,000回を超えるライブクッキングを実施。カレーやスパイスに関する著書は40冊を超える。現在は画期的なスパイス配達サービス「AIR SPICE」を立ち上げ、コンセプト、商品、レシピ開発のすべてを手がける。「AIR SPICE」の普及活動、テレビ、雑誌等の取材、レシピ本の製作を精力的にこなしながら、ハーブ&スパイスの研究に余念のない毎日を送っている。

「2017年 『世界のハーブ&スパイス大事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カレーライス進化論 (イースト新書Q)のその他の作品

水野仁輔の作品

ツイートする