きみが選んだ死刑のスイッチ (よりみちパン! セ)

著者 :
  • イースト・プレス
3.88
  • (5)
  • (6)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 81
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781690216

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 死刑にまつわる制度や他国との比較などが中高生向けにわかりやすく書かれている。

  • 今現在殺人事件の容疑者の顔が、当たり前のようにテレビに出ている状況がおかしいことなのだとこの本を読んでわかった。有罪にならない限り無罪である。これを皆、心に刻んでおかないととんでもないことになるような気がする。死刑は、まだわたしは賛成派。でも考える。何が何でも賛成派なわけじゃない。知りたい、知らなくちゃ何も言えない。まだまだ考えることが必要。

  • 想像以上に良かったです。

    死刑制度については、学生時代勉強したので、一通りのことは流し読み程度だったけど、特に裁判員制度について。とても勉強になりました。
    よりみちパン!セシリーズは、10代、特に中学生向けに作られた本のようですが、知らないことを最初に読み説くのに最適だなーと思います。
    「わかりやすいことがいかに危険か」という森氏、これをきっかけに、死刑制度や裁判員制度について、もう少し知識を深めていきたいと思いました。

    死刑制度、裁判員制度についての、最初の一冊にオススメです。

  • わかりやすいことがいかに危険か。
    人は人を裁く重さを考えさせる。
    矛盾と危険だらけの裁判員制度。

  • この「よりみちパン!セ」というのは中学生向けのシリーズのようです。
    死刑制度とか裁判員制度のことなどがかかれています。
    死刑制度云々問題は一概にこうとはいえない難しい問題ではあるけど、裁判員制度はやっぱりなんだかおかしな制度だなというのは感じた。
    人が人を裁くということは、それ相応の覚悟をもってすべし、ということだな。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

森 達也(もり・たつや) 1956年、広島県生まれ。ディレクターとして、テレビ・ドキュメンタリー作品を多く製作。98年オウム真理教の荒木浩を主人公とするドキュメンタリー映画『A』を公開、ベルリン映画祭に正式招待され、海外でも高い評価を受ける。2001年映画『A2』を公開し、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞する。11年『A3』(上下巻、集英社文庫)で講談社ノンフィクション賞を受賞。現在は映像・活字双方から独自世界を構築している。16年に映画『FAKE』、19年に映画『i-新聞記者ドキュメント-』で話題を博す。著書に『死刑』(角川文庫)、『「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい』(ダイヤモンド社)、『ニュースの深き欲望』(朝日新書)、『虐殺のスイッチ』(出版芸術社)など多数。

「2022年 『定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2022年前半』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森達也の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×