変人作曲家の強引な求婚 (ソーニャ文庫)

著者 :
  • イースト・プレス
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781696003

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ソーニャっぽくない明るさ。ヒーローもヒロインも好き。母親は邪悪だった

  • ものすごくハキハキと喋る盲目の変人が、シンデレラ系薄幸美人に甘えまくる話。変人作曲家ジーノがセレナを気に入ってから、自分のそれが恋愛的な意味だと自覚するまで、ただただ本能と直感で行動する様子は子供の行動原理とおなじなので、セレナがジーノを可愛いとか思っちゃうのは仕方ないな。最後のエピローグは特にいい感じにジーノの特性がでていて、ほっこりしました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2012年作家デビュー。乙女ゲームの脚本や『残酷王の不器用な溺愛』(ソーニャ文庫)をはじめ、キャラクターの魅力が生き生きと描かれた作品で好評を博す。思わず吹き出してしまう会話劇や、主人公たちがストーリーを経て成長していく様子がコミカルに描かれ、読者を惹きつけてやまない。

「2020年 『こちら黒宮警備、オカルト対策班』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八巻にのはの作品

ツイートする
×