妄想騎士の理想の花嫁 (ソーニャ文庫)

著者 :
  • イースト・プレス
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781696270

作品紹介・あらすじ

ひょんなことから、初恋の幼なじみ・クリスと結婚することになったアビゲイル。

しかしその心中は複雑だった。

クリスには昔から一途に愛する女性がいるからだ。

「ああ、俺のかわいいマリアベル!!」

彼の最愛の人――それは、アビゲイルが書いた小説のヒロインだった!

妄想の中のマリアベルにしか欲情しないと断言していた彼。

それなのに、迎えた初夜……。

「お前を抱きたくて仕方ない」

飢えた獣のような目で見つめられ、濃厚なキスをしかけられ――!?



恋敵は小説のヒロイン!? 幼なじみの騎士と目つきが悪い小説家のすれ違いラブ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • じれったい。

  • 騎士と残念男子の二足の草鞋シリーズ(?)三冊目。っても、多分前2作とは特に関連はない(はず)。騎士のクリスのキャラが、天然脳筋なのに読書家(というかオタク男子)っていう、なかなかの異色モノ。あと、ヒロイン、アビーちゃんのヤバい手作りサンドイッチをクリスが食べた瞬間の挿絵があったのが、かなりよかった。ソーニャなのにコメディ推し。そんな八巻先生の路線が楽しくて好きですわ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2012年作家デビュー。乙女ゲームの脚本や『残酷王の不器用な溺愛』(ソーニャ文庫)をはじめ、キャラクターの魅力が生き生きと描かれた作品で好評を博す。思わず吹き出してしまう会話劇や、主人公たちがストーリーを経て成長していく様子がコミカルに描かれ、読者を惹きつけてやまない。

「2020年 『こちら黒宮警備、オカルト対策班』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八巻にのはの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×