略奪王の淫愛 (ソーニャ文庫)

著者 :
  • イースト・プレス
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781696447

作品紹介・あらすじ

贅沢を好まない控えめな性格の皇女アリーセは、
権威を重んじる帝国で周囲に軽んじられていた。
心の支えは、婚約者である隣国の王子ヨーゼフからの手紙。
だが、結婚のために隣国へ赴くと、
夫になるのはヨーゼフの弟クラウスだと告げられる。
王となり圧政を敷いたヨーゼフは、
民からの襲撃を恐れて逃亡したのだという。
戸惑いを隠せず抵抗するアリーセだったが、
不満げに眉を寄せるクラウスに淫らな愛撫を施され、
恥辱と快楽の極みを味わわされて――!?

腹黒な賢王×敬虔で一途な皇女、甘く淫らな略奪愛!

貴原すずの作品

略奪王の淫愛 (ソーニャ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×