背徳騎士の深愛 (ソーニャ文庫)

  • イースト・プレス
3.29
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781696577

作品紹介・あらすじ

――今はまだ、あの男の代わりでいいから……。

憧れの騎士と政略結婚をしたレティーシャ。
だが彼はレティーシャを抱く気になれないと、
初夜の契りを交わさぬまま赴任地に戻ってしまう。
夫の無事を祈り、待ち続ける彼女だが、
ある日、彼の部下シーザーに夫の訃報を届けられる。
さらには、夫の愛人を名乗る女とその息子も現れて……。
「俺なら、あなたを悲しませたりしないのに」
傷つき自暴自棄になったレティーシャは、
女としての自分を必要としてくれるシーザーに縋り、
ついには一線を越えてしまい――。

一途な騎士×薄幸の未亡人、逃れられない背徳愛。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白かった♪いいですね〜(*´∀`*)ヒロインを聖女のように神格化して求める深愛と、夫の裏切りを知ったヒロインの傷ついた心を利用したヒーローの仄暗い本心が【光と影】のようにヒーローの魅力になっていて素敵でしたっ‼︎(ヒロインが良い子すぎるので感情移入出来なかった(^_^))夫があまりにもクズすぎてビックリっっ!!∑(゚Д゚)(苦笑)。【番外編】『ある春のひととき』★3

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2011年からネット小説を書き始め、「ひよくれんり」にて出版デビューに至る。「身代わりの婚約者は恋に啼く。」など著作多数。

「2020年 『俺様御曹司は義妹を溺愛して離さない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なかゆんきなこの作品

背徳騎士の深愛 (ソーニャ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする