ソーニャ文庫アンソロジー 騎士の恋

  • イースト・プレス
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781696676

作品紹介・あらすじ

ソーニャ文庫初のアンソロジー!

仮初の結婚、両片思い、身分差……
逞しくも美しい騎士に、一途に激しく愛される。
人気作家陣による、極上騎士の独占愛! 4編収録!

◆「残念姫」は騎士団長の腕の中(富樫聖夜)◆
姉の婚約者を密かに思い続けていた第四王女は、姉が他の男と密会しているところを見てしまい――!?

◆博愛騎士の激愛(秋野真珠)◆
失恋して自暴自棄になった侍女は、誰にでも愛想のいいナンパな騎士に、あるお願いをするが……?

◆わたくしは形だけの妻ですから(春日部こみと)◆
女王の命令に従い、憧れの騎士と結婚した侍女。だがこの結婚は仮初のものと思っていて……。

◆わたしの黒騎士(荷鴣)◆
国を滅ぼされ処刑される前夜、薄幸の姫は、戦場で行方知れずになった優しい騎士との幸せだった日々を思い浮かべ――。

カバーイラスト:yoco

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 身分に差があったり、誤解があったり...。各々事情は違うけれど、どの話も「すれ違い」があるのは同じかも。お互いのことを大切に思っているのに伝わっていないのは悲しいけれど、ちゃんと想いが通じ合ったときには嬉しくなる。どの騎士も、とにかく「溺愛」という言葉がピッタリで、ちょっと心配になるときもあったけれど楽しかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール



「2020年 『贖罪のための婚姻(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富樫聖夜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見登美彦
木原 音瀬
今村 昌弘
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×