コンパイラ―原理・技法・ツール〈1〉 (Information & Computing)

制作 : J. D. ウルマン 
  • サイエンス社
3.40
  • (4)
  • (1)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (529ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781905853

作品紹介・あらすじ

本書は、コンパイラ設計における主要な話題を広範囲にわたって、深く掘りさげて解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コンパイラを、自分で書いてみないとなかなか合点がいかないことがある。
    しかし、GCCのような巨大なコンパイラを自分で1から書くのは不可能かもしれない。
    また、読むのでも、どこから読んだらいいかわからないことがしばしばある。

    ソースコードを読むときに、少し変更して挙動を見ると、そこが何をしているところかわかったり、どこに影響があるかがわかることがある。

    そのため、小さいコンパイラを書くか、大きなコンパイラの一部を修正することによって、コンパイラを理解するとよい。
    そのどちらの方法をとる場合でも、本書はバイブルのように参考になる。

    I巻では1パスコンパイラ、字句解析、構文解析、型検査について書いている。

    II巻で実行時環境、中間コード生成、コード生成、コード最適化、、プログラム作成演習について書いている。コンパイラの実現例として、PASCAL,C,Fortran、Bliss,Modula-2を例示している。

    ps.
    コンパイラをC言語で書いてみて、バグが取れなかったが、ポインタ操作をいいかげんにしていたことが理解出来た。ポインタ操作はいいかげんにすると、不具合が取りにくいことを体験した。

全1件中 1 - 1件を表示

コンパイラ―原理・技法・ツール〈1〉 (Information & Computing)のその他の作品

A.V.エイホの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダニエル・P. ...
ジェラルド・ジェ...
Marvin M...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする