多変量解析法入門 (ライブラリ新数学大系)

  • サイエンス社
3.40
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781909806

作品紹介・あらすじ

入門的な統計的方法を習得した方々を対象とした多変量解析法の入門書。できるだけ簡単な例を用いて理論的な説明を2次程度の行列を用いて解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 多変量解析の数理的な説明がとてもわかりやすい。
    とはいえ、数理的な展開すべてを理解できているわけではないが、とにかく解釈・説明がわかりやすい。

    タイトルは入門とあるが、これから多変量解析をやるって時にこの本を手にしていたら、心が折れていたかもしれない。

    私は、多変量解析をやる中で感じた疑問、いくつかの書籍で感じた疑問などが、この書籍で「なるほど」とスッキリできたこともあり、はじめては厳しいけど、多変量解析を真面目にやっていくぞ!って方にとっては、手元に1冊あってもいいだろうと思います。

  • 学生指導用に購入.ある程度本格的なことをやろうと思ったら本書では物足りなくなるが,入門書としてはとても完成度の高い一冊だと思う.オススメ.

  • 多変量解析についてコンパクトにまとまっている。また「理論を軽視せず,かつ分かりやすく」という筆者のコンセプトが貫かれていて Good。多変量解析の技法は今も進化していると思うので,仕事に取り入れていきたいと思う。

  • 配架場所【図・3F開架】 請求記号【417||NA】
    貸出ランキング 利用者別(学部生) 11位 貸出回数8回

  • 回帰分析の式の証明を勉強するために読みました。
    全体的には読んでいないので、どうなんだろう。

    1 多変量解析法とは
    2 統計的方法の基礎知識
    3 線形代数のまとめ
    4 単回帰分析
    5 重回帰分析
    6 数量化1類
    7 判別分析
    8 数量化2類
    9 主成分分析
    10 数量化3類
    11 多次元尺度構成法
    12 クラスター分析
    13 その他の方法

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

永田 靖(ながた・やすし)
大阪大学大学院文学研究科教授 専攻=演劇学、近代演劇史
The Local meets the Global in Performance, Cambridge SP, 2010(共著)、Adapting Chekhov: The Text and its Mutations, Routledge, 2015(同)

「2017年 『歌舞伎と革命ロシア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永田靖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
戸田山 和久
有効な右矢印 無効な右矢印

多変量解析法入門 (ライブラリ新数学大系)を本棚に登録しているひと

ツイートする