作品紹介・あらすじ

本書は、21世紀社会が消費者の権利確立の世紀である「べき」だと提言しつつ、今日の消費者を取り巻くさまざまな消費者問題の現状・法制度について解説したものである。消費者法を初めて学ぶ人たちを対象に、身近に起こりうる事例を提供しつつ、楽しく興味を持って学べるように編集した。

松村晴路の作品

消費者主権と消費者法を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする