正々堂々と「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ―人のためにこそコンクリートを

著者 : 藤井聡
  • 日刊建設工業新聞社 (2010年6月発売)
3.73
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784782410066

正々堂々と「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ―人のためにこそコンクリートをの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 随筆集であるから読みやすい、一回日本の良さとそれがなぜかを考えて欲しい人たちに読んで欲しいものだけど。中曽根元総理90歳当時のインタビュー付。最後はstate nation

  • 土木工学の専門家が淮南子が言った「築土工木」という高邁な視点から、政治経済を論じたものをまとめた作品である。

    著者の国家・国土を思う思想が関西人特有のユーモアを交えながら著されており、あっと言う間に面白く読めてしまった。

    ヨーロッパ社会が創り上げた人間らしい生活が営むことができる快適な都市空間との出会いがあり、はたして日本社会において日本文化にあったそのような都市空間づくりが可能なのか?

    深遠なる土木思想家藤井氏の考え方が終始一貫して吐露されていて、爽やかに読める作品でした。

全3件中 1 - 3件を表示

藤井聡の作品

正々堂々と「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ―人のためにこそコンクリートをはこんな本です

ツイートする