哲学と自然の鏡

制作 : Richard Rorty  伊藤 春樹  野家 伸也  野家 啓一  須藤 訓任  柴田 正良 
  • 産業図書
3.83
  • (4)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (503ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784782800805

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 分析哲学について、反デカルト主義的・反カント主義的革命の観点から論じた書。

  • 認識論の核とされている、自然の像を映し出す鏡としての人間の心概念を反駁する。
    この認識論はデカルト以来の基礎であった。

    基礎付けを否定し、新たなパラダイムの模索を提案する。
    一つの異常科学は、デリダの脱構築の戦略であった。

    ローティは独自に解釈学を新たな理論として提唱している。
    そのなかでは各学問は並列であり、万学の母としての哲学を位置づけることはたくらみとされてはいけない。

    論壇哲学の解体。
    職業としての哲学に批判的。
    脱構築

  • 西洋哲学を鏡のような本質という概念で鋭く分析した著作で、最後にあらわれる声という概念が意味深だと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

リチャード・ローティ (Richard Rorty)1931年生まれ。元スタンフォード大学教授。2007年没。

「2018年 『ローティ論集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リチャード・ローティの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・ロールズ
ウィトゲンシュタ...
グレゴリー ベイ...
ミシェル・フーコ...
アリストテレス
トーマス・クーン
戸田山 和久
エーリッヒ・フロ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする