状況に埋め込まれた学習―正統的周辺参加

著者 :
  • 産業図書
3.79
  • (19)
  • (19)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 362
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784782800843

作品紹介・あらすじ

本書は、学習についての考え方に根源的でしかも重要な再考と再定式化をせまっている。人間の全体性に重きをおき、行為者、活動、さらに世界が相互構成的であるとみなすことによって、学習を事実についての知識や情報の受容とする支配的な仮説から逃れる機会を与えてくれる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • LPPと言えばこの本。<br>
    仕立て屋なんかの例が載っている<br>
    学部時代図書館で一度読んだ。時間が経って、本屋で見つけて、パラパラとめくっていて、解説を読んで「買うしかない!」と思った。あとがきを読んで・・・強く共感した。<br>
    私としては本編よりも、解説&あとがきのほうが刺激的で、印象的だ。<br>
    ちょっと長いけど引用。<hr>
    <解説><br>
    p140 当然のことながら、我々は他者の心的構造などを直接観察する事はできないから、その構造の探求に関しては、結局我々に与えられているのは、研究対象の活動様式及びその活動の結果生産されたものの全体でしかない。<br>
     この際に、どういう手続きをもって、ある複雑なデータが比較的単純な構造的関係に還元されるかは、言わば研究者の直感に任せられる事になる。<br>
     しかしそうだとすると・・・研究者がそれ自体無秩序の対象から無理やりつくりだした幻想に過ぎず・・・我々が秩序とするものは全て我々の認識が作り出した幻想であり、現に存在するのは混沌に過ぎないという事になる。<hr>
    p142 だが・・・すべては分析者が作り上げた幻影に過ぎないとする事ではなく、寧ろある対象の構造的把握が可能となるとすれば、それは一体どういう条件下でなのか、という点を明確にする事なのである。<hr>
    当時、自分が一番気になっていたこと。認知科学は自己破壊的だということ。つまり、どんな記述も(所詮)観察者の主観的認識でしかない以上、真理なんてありえないじゃないか、ということに対して、ここでひとつの答えを提示してくれている(と感じた)。<hr>
    <あとがき><br>
    p183 従来・・・学習と呼んできたことは、ごく当然のこととして、特定の「与えられた」教科内容を、特定の子どもがいかにして理解に達するかということに焦点が置かれたものであった。<br>
     しょせん、理解に至るまでのプロセスの最適化が問題となるということは、「それ以外に考えようのないほど」自明のこととされてきた。<br>
     しかし、教育の問題を本気で考えるとすると、コトはもっと複雑で深刻である。端的に言えば、子どもにとって、「わかること」や「できること」の意義が見えなくなってきている、ということである。「わかって、何になる」、「できたからといって、それがどうした」ということである、こういう「わかって、何になる」式の不安と「先の見えない」閉塞感が、教室全体にかぶさり、教師も子どもも、それに圧し潰されていることがありありと観察できる。そこで子どもはやる気を失うか、受験という目の前の目標に自らを縛り付けて、「それ以外は考えないことにする」ということで当座を切り抜けようとしている。教師も同じであって、教材をどういじっても、教授技術をどう工夫しても、「先がない」状態での一時しのぎをしているのではないかという疑問と不安をぬぐい去ることはできない。そこでともかく日々、カリキュラムにしたがって、「これを教えるのだ」と自ら限定してカラ元気で動き回り、気をまぎらせているのが現状である。そういう状況に加えて教育問題を外側から眺める人びとから・・・注文ばかりどんどんつきつけられて、現場は混乱に陥っている。<br> 「考える糸口」がつかめない、というのがこれまでの現状である。本書がまさしくその「考える糸口」を提供しているように思われる。<hr>
    この後、LPPと従来の学習観の違いがいくつかのポイントでまとめられている。このような考え方はドーナツ論にもつながるものである。

  • 心理学の概論の授業などで必ずといってよいほど紹介される有名な本。
    中身は心理学であり、認知科学であり、また、教育学でもあり、社会学でもある。
    学習を知識の獲得と定義するのではなく、特定のタイプの社会的共同参加という状況の中においてそれをとらえた点で、レイヴとウェンガーの考え方は新しい(といっても、もう15年も前の本だ)。

    業務を遂行する技能はゆるやかな条件のもとで実際に仕事の課程に従事することによって獲得されていく、という概念を「正統的周辺参加」(Legitimate Peripheral Participation: LPP)という。
    著者が、学習はこの「正統的周辺参加」の問題であるという考えに至った契機は、徒弟制についての研究であったという。
    ことさら教え込まれたり、試験を受けたりすることなく、徒弟がいずれ技能に長けた仕立て屋の親方になれるのはどういうわけか、という問いが発端となった。
    徒弟制では、学習者は定常的に実際の仕事に就いており、その中で技能を身につけていく。
    つまり、徒弟たちにとって、学習と仕事の遂行とは不可分なものなのである。

    たとえば「数学なんか勉強して何の役に立つのか」という多くの子どもが抱える疑問について考える上で、本書は重要な糸口を提供してくれているように思う。
    教育に認知科学の知見を生かすとすれば、当然それは学習の問題が中心になる。
    従来、学習と呼んできたことには、ごく当然のこととして「与えられた」教科内容を子どもがいかにして理解するかということに焦点が置かれてきたが、子どもにとっては「わかること」や「できること」の意義が見えにくくなってきている(訳者・佐伯胖先生の解説より)。
    なるほど、正統的周辺参加論においては、「できるようになること」がそのまま学習なのであって、それは実際の仕事場で遂行することを目的として技能を教える教育とは似て非なるものである。
    それならば、教える側としては「わかる」と「できる」の隔たりをなるべく小さくするような教授方法を考えなければならない。
    もっといえば、「できること」を体現することが「わかる」になっているというのが望ましい学習形態なのであろう。

    「「勉強」をする、というのはおかしい。何かをするときに、「勉強」が結果的にともなっている、というのが本来の学習なのだ」

  • 「学習とは人びとと共同で、社会で、コトをはじめ、なにかを作り出すという実践の中で「やっていること」なのだから、学習だけを社会的実践の文脈から切り離して、独自の目標とすべき対象活動ではない。したがって「勉強」をする、というのはおかしい。何かをするときに、「勉強」が結果的にともなっている、というのが本来の学習なのだ。」なるほど。

  •  学習という言葉を、非常に個人主義的な意味で捉えていた自分に、本書を読んで気付かされました。
     本書は、あらゆる学習を、何らかの実践共同体への参加という社会的実践だと捉えます。この実践共同体への参加というイメージがしやすいのは、いわゆる徒弟制度の場合です。親方を頂点とする共同体の中に、弟子が入り、そこで学び成長していく。こんなイメージも1つの参加の側面ではある。ただ、本書の主な主張は、たとえ徒弟制においても、共同体の中心に向かって、人々が単純に同化していくのではなく、弟子や親方同士が、常に相互交渉的(お互いの利害対立を含む)に変化していくこと、さらには、共同体への新参者(新入り)の参入によって、共同体自身が変容していくことに焦点を当てること(ステレオタイプ的な徒弟制のイメージを打破すること)にあり、この点が非常に面白いです。さらに言えば、一個人が特定の実践共同体にだけ参入するということはないので、多元的な共同体に参加しながら、複合的なアイデンティティを個人が形成していくことや、他の構成員と絶えず相互交渉的にアイデンティティを形成していくことが分かります。これらのことを、本書では様々な事例の分析を通して、論を進めていく構成となっています。
     レイブとヴェンガーは、いわゆる学校が特殊化され過ぎた文脈の上にあるがゆえに、学校教育についてあまり語りたがりませんでした。ただ仮に、正統的周辺参加の議論を学校や授業に落とし込んだ場合、教師と生徒の関係は相互交渉的であり(教師も生徒から多くを学び、変化する)、新しい生徒や異質な生徒の参入によって、学級や学校自体が絶えず変容し、アップデートし直されていくべき、という議論になるのかなと感じました。さらには、例えば、(教科担任制とした場合、)それぞれの教科の授業ごとで、同じ学級でも異なる実践共同体として立ち上がるし、部活や生徒会なども1つの実践共同体となるし、それらの異なる実践共同体が絶えず相互交渉しながら、一個人の生徒のアイデンティティを形成していく。いずれにしても、生徒が授業を単なる内容の習得としてだけ学ぶということは現実にはあり得ないのであり、(周りと話そうが話すまいが)他者との関係性の中で学びを深めていく。私はそんなイメージで理解しました。
     本書の視点は、「学習とは社会的世界でのあり方であって、それについて知るようになるやり方ではない」という言葉にもあるように、人生そのものが学習のプロセスであることを強く認識させてくれます。レイブとヴェンガーが学校教育に焦点化した議論を避けようとした背景に、学校を前提とした議論から学習を論じてしまうと、議論が狭くなる点があったのだと思います。であるとすれば、私たちは、まさに学校教育や日々の授業について語る時にこそ、社会や人生の視点から、学校の学びを語らないといけないのではないか。そう感じました。

  • 学習者が実践者の共同体に参加することで、知識や技能を習得し、十全的参加者になるというプロセス、正統的周辺参加をテーマに挙げています。

  •  教える人がいて教わる人がいて,教える人が言ったことをちゃんと教わることで学習が成り立っている…なんて思っている教育界に一石を投じる本であることは確かです。
     実は,最初は,出てきている言葉の概念がつかめず,とてもわかりにくくて,なんどもなんども同じ場所をくり返して読んだりしていましたが,最後の方まで来ると,なんとなく,こんな私でも著者の言いたいことは伝わってきました。
     訳者である佐伯胖氏のあとがきを読んでから,本書を読むとよかったのではないか…と,今は思っています。佐伯先生の文章は,とても分かりやすいですし,なぜ,今(1993年),これを訳したのかがよく分かりますので…。
    「勉強<する>のではなく,何かを<する>ために勉強をともなうのだ」という発想が学校にあると,もっと子どもたちへの指導も変わるような気がします。子どもたちに勉強して欲しかったら,「子どもたちが○○したい」と思うような状況の中に子どもたちを置いてあげる必要があります。自分もその社会に参加したいとおもうような集団です。それがなくて,点数だけでの指導では,イヤになるだけだし,子どものアイデンティティーの形成にも役立ちません。
    「すべての学習がいわば,<何者かになっていく>という,自分づくりなのであり,全人格的な意味での自分づくりができないのならば,それはもともと学習ではなかった,ということである。」(佐伯胖氏のあとがきより)

     60ページ近くにもなる「解説」は,これまた専門的すぎて,一介の教師には理解できませんでした。

  • 向後千春先生の『上手な教え方の教科書‐入門インストラクショナルデザイン』(技術評論社)の「4.4正統的周辺参加」の参考文献。

  • Sun, 13 Sep 2009

    長らく待たせていた本書を読了した.

    間違うことない良書だ.

    すばらしい.

    人間の「学習」そして教育の本質を突いている.
    学校教育の「教育論では無い」と本書は言っているが,
    それは,学校教育に携わる人間が読まなくていいと言うことではない.

    むしろ,激しい論戦が本質と異なる部分で巻き起こる,
    学校教育論自体の論争に巻き込まれる事を嫌い,
    アジェンダの切替を行ったというところだろう.

    本書は学習を「徒弟制」から読み解く.
    親方の仕事の一部を任され,そこから,組織の一員となっていくプロセス
    それが正統的周辺参加だ.
    そして,その徒弟も十全的参加へと変化していく.

    学習とは知識を内化することではない.(と,断言すると語弊があるかもしれないが・・・)

    p27
    学習過程を歴史化するということは,「内化」を普遍的過程として,歴史性のないものとする見方が間違いであるとする.

    学校教育では,結局,学校という場における知識しか身につかないという事は良く指摘される.
    「テストの点の取り方を覚える」
    「歴史は年号を覚えること」
    「学校教育なんて当てにしていない.勉強は我が社に入ってからやってもらいまうす.」

    と,
    経験や活動と結びつかない言葉の意味は、参加者がその意味を自らの行為の中に意味づける事を困難にし,ただ,教科書・学校の言葉・活動を再生産する活動へと組み込まれる.
    しばしば,学校教育は自己目的化する.

    「じゃあ,どうすればいいの?学校なんてない方がいいの?それも変じゃない?」

    と,いわれる.

    学校教育のはらむ矛盾と,それに対する問題意識は良く口にするが,
    そのたびに上記,指摘に明確な返答を示せない.
    学校教育は人類史的にも比較的,最近出来た構造物なので,理解は難しい.
    国家概念との関係も切り離せないので,ややこしい.

    本書は,だからこそ,学校教育の本ではない と,かなり丁寧に,一線を引き,そこへの提言と見せかけないようにして,本質的な議論をしようとするのだろう.

    解説の福島が指摘するように
    本書のアプローチは認知科学的であり,社会科学的であり,文化人類学でもある.

    ことば についても重要な指摘がある.
    ・・・というか,記号について考える者にとっては,究極的に重要なのだが・・・

    p.68
    ことばは実践の一部であり,人びとが学ぶのは実践のなかである.
    (中略)
    中心的問題が活動だろうとことばだろうと,学習に関して重要なことは,
    教授行為へのアクセスではなく

    学習の資源としての実践へのアクセス
    の問題である.

    自分の議論のしかたに引き寄せると,
    知識の伝達というシャノン&ウィーバー型のコミュニケーションモデルにとらわれすぎた頭では,教育とは,情報伝達と化してしまう.しかし,ことばの意味は まさに実践の中にあり,その環境の中に入らない限りは,ことばの意味は本質的には見いだされない.
    ことばの獲得はしばしば手段ではなく,十全的参加へいたった証しであったりする.

    本書の理解は,非常に本質的であり,
    人間の学習のプロセスについての議論を行う上で,基本に置くべき基準を与えてくれるといってもいいのではないだろうか?

    新参者は何時か古参者にとってかわる時がくる.
    そして,その間に衝突が起きることもある.
    それらが置き換わっていき,しかし,組織は継続していく.
    それが正統的周辺参加のダイナミックな流れだ.

    その活動全体を,ある種,文化人類学学的に捉える事が,学習の理解にとっては不可欠であることを教えてくれる.
    学習は至極,集合的なものであるのだ.


    久しぶりにベタボメの一冊です.

    とはいえ,この本の「ことば」をどのように理解出来るかどうかも,
    この手の本を支える 文化への「参加」が前提となり,
    環境適応とことば・記号・コミュニケーションの関係について,頭を捻ってきた自分だから感動した面もあるのは否めない.

    もっと,早く読んでおけば良かったと思う一方,
    あまり早く読んでも,よくわからなかっただろうなと思ったりもする

    ジャケ買いはなさそうな一冊ですが,オススメです.

  • 生きる気力が湧いた。

  • 2度目の読書である。レイヴの引用を越境した学習が行っているので読んだ。具体例として職人の学習の例があるのでわかりやすい。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2019年2月現在
田園調布学園大学大学院人間学研究科子ども人間学専攻教授
公益社団法人信濃教育会教育研究所所長
東京大学名誉教授
青山学院大学名誉教授

「2019年 『現代の教師論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐伯胖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
グレゴリー ベイ...
ケネス・J. ガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

状況に埋め込まれた学習―正統的周辺参加を本棚に登録しているひと

ツイートする
×