新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ)

著者 :
  • 産業図書
3.92
  • (47)
  • (46)
  • (47)
  • (3)
  • (2)
  • 本棚登録 :1045
  • レビュー :52
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784782802113

作品紹介・あらすじ

論理トレーニングは進化している。多くの問題を新しくしてヴァージョン・アップ。楽しみながら挑戦すれば確実に論理力が身につく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビジネススキルとしての所謂「ロジカルシンキング」からは少し距離をおいた、より古典的な論理学に基づく思考力を身につけることを重点にした一冊。

    「ロジカルシンキング」はビジネスの企画・戦略の立案・プレゼンテーションを行うための実践的なスキルに関わるスキルであるのに対し、本書での「論理思考力」とは相手を論破するディベートに関わるスキルであるように感じた。

    前者は広い視野で自分の考え方を構造的に整理するスキル、後者はより局所的な話題に関する自分の主張(文章)が矛盾なく成立しているかを判断するスキル、と言えばよいだろうか。

    もちろん、「ロジカルシンキング」も本書で扱われている論理学にの考え方が根底にあることは間違いない。

    より実践的な「ロジカルシンキング」に(一般的なビジネスパーソンは)目がいきがちだが、本書にような”基本”に立ち返ってみるのもよいかもしれない。

    特に前半の「接続の論理」は、文章作成に有用なトレーニングになる。

    ------------------------------------------------
    ・思考の筋道をそのまま表すのではない。思考の結果を、できる限り一貫した、飛躍の少ない、理解しやすい形で表現する。そこに、論理が働く。

    ・論理力とはコミュニケーションのための技術、それゆえ言語的能力のひとつであり、「読み書き」の力なのである、

    ・広い意味で「論理的」であるとは、さまざまな文や主張のまとまりが、たんに矛盾していないというだけでなく、一貫しており、有機的に組み立てられていることを意味している。

    ・論理とは言葉と言葉の関係をとらえる力である。だとすれば、そうした関係を示す言葉、主張と主張をつなぐ言葉を見直すことからはじめるべきだろう。

    ・論理にとって重要な接続関係は大きく分けて次の四つに分類できる。
     (1)解説 (2)根拠 (3)付加 (4)転換

  • 大学一年生(関西だと一回生って言うよね)用の演習形式の授業で、最初の課題として、この本の4章から10章までを読んで要約した。本を買う所から始めて100ページくらい読んでそれを要約。たしか期限は2週間とかだったかな。分かりやすい文章だったので救われたが、提出の日に夜を徹して書き上げたのを覚えている。
    それなりに一生懸命取り組んだ甲斐あって、ためになったと思う。「論理力」を身につけるにはまだまだ練習が必要ではあるけれど。
    レポートや論文を書くときにはまた読み返したい。

  • 形式論理ばかり勉強しているとこのような日常言語の論理と形式論理のつながりに対する敏感さを失ってしまうところがある。
    本書は日常言語に対する敏感さを取り戻すために非常に役立つと感じられた。

  • たまにはこういうトレーニングをしておかないと。

  • ロジカルシンキングを真に習得するには、
    方法論などを座学で身につけるだけではなく
    演習を行うべきだ、と考えていたがこの本はまさにうってつけ。
    もちろん、演習をとばして読み進めることもできるがなるべくならひとつひとつの演習にしっかりと向き合いたい。

  • 最初は日本語を外国語として学びなおすというスタンスで、接続詞の意味などを事細かく書いている。中段は演繹推理を中心に、否定、条件などとからめて、連言、選言、存在文、全称文、ドモルガンの定理、順・逆・裏・対偶などについて、こまかく書いてある。とくに条件連鎖と演繹のところが難解で、パズルめいている。さいごの立論→批判→異論のところは、論文を書く場合にたいへん役立つと思う。読書感想文で、うめグサを書くクセをつけたり、「優等生」の答案を作成することをもとめる作文教育の弊害については、同感だ。ほんとうにやめてほしい。

  • 論理的思考の根本的な考え方を学んだ。今まで自分が蔑ろにしていた部分を、きちんと論理的思考にのっとって考え直すキッカケとなった。

  • 演繹と推定の違いなど、しっかりと論理学の基礎固めをしてくれる本。科学的な叙述をする人にとっての必読書ではないか。

  • 「論理トレーニング」における「論理」とはそもそもどのように定義付けられるのだろうか。「論理的な思考ができるようになりたい」と思うのならこまずこのことを考えておく必要があるだろう。そしてこの部分は本書の序論に詳しい。

    ◼️p1 思考の本質はむしろ飛躍と自由にあり、そしてそれは論理の役目ではない。論理はむしろ閃きを得たあとに必要となる。閃きによって得た結論を、誰にでも納得できるように、そしてもはや閃きを必要としないような、できるかぎ「飛躍のない形で、再構成しなければならない。
    ◼️p2 思考の筋道をそのまま表すのではない。思考の結果を、できるかぎり一貫した、飛躍の少ない、理解しやすい形で表現する。そこに、論理が働く。さらに、そのように表現されたものをきちんと読みとかねばならない。
    ◼️p2 論理力とは、思考力のような新しいものを生み出す力ではなく、考えをきちんと伝える力であり、伝えられたものをきちんと受け取る力にほかならない。つまり、論理力とはコミュニケーションのための技術、それゆえ言語的能力のひとつであり、「読み書き」の力なのである。
    ◼️p2 言葉と言葉の関係ーある言葉と他の言葉がどういう仕方でつながりあっているのかーをとらえる力である。える力である。
    ◼️p3 言葉を断片的にしかとらえられず、主張相互の関係をとらえるのとができないとき、その人は「非論理的」と言われてしまうことになる。
    ◼️p7 広い意味で「論理的」であるとは、さまざまな文や主張のまとまりが、たんに矛盾していないというだけでなく、一貫しており、有機的に組み立てられていることを意味している。

    この部分だけで本書の本質はすべて伝えられているだろう。つまりはこういう意味での論理力向上を目指したのが本書というわけである。イメージとしては、言葉が一本の線で繋がって一つの意味ある有機体(すなわち文章)を形成している、といったところだろうか。

    本書はまずⅠでは論理というものを俯瞰的に眺める。言葉の関係性にはどういうものがあるのかを知り、そしてそれを記号を用いて整理する訓練をするのがこの部分である。続くⅡでは論証の構造に焦点を当てる。論証から導出に至るまでの構造を論証図で示し、論証を「根拠となる主張の適切さ」と「導出の適切さ」という2点から評価する。また演繹と推測(仮設形成)違い、価値評価型論証について扱う。Ⅲはいよいよこの本のメインというべき箇所、演繹についての記述である。否定、連言・選言、全称文・存在文についてその使い方を学び、続く最後のⅣで批判・論文作成という形でより実践に近い形へと繋げていく。

    学校教育で重視されるのは「情緒豊か」「表現豊か」といった観点に偏りすぎている傾向があると思う。しかし社会で求められるのはこうした「ある意見の主張」と「その根拠」を「筋道立てて」述べるスキルなのである。この本はある種当たり前のものとして社会に求められるスキルについて書いているわけだが、そうした本というのは実は希少だ。「論理トレーニング」と聞くとなんだか難しく聞こえるかもしれないが、本書は平易な言葉でしかも日常にも役立つ(と思われる)実践的な形で書かれている。文章をうまく書けない、なんて悩んでいる人にも本書はきっと役に立つだろう。

全52件中 1 - 10件を表示

野矢茂樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
戸田山 和久
有効な右矢印 無効な右矢印

新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする