神経回路網の数理―脳の情報処理様式 (システム・サイエンス・シリーズ)

著者 :
  • 産業図書
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784782852552

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著名な理論神経科学者による古典的名著
    単一の神経細胞に関するしきい値を用いた単純なモデルの
    説明に始まり、
    チューリングパターン、結合振動子に代表される非線形場の理論、
    スピングラス、ホップフィールドネットワークの数学的理論への導入
    いわゆるニューラルネットの数学的定義とその能力、限界について
    の充実した説明。
    記述はもっぱら数式からの演繹的結果で数値計算を用いた
    帰納的研究については言及されていない。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1936年東京生まれ。東京大学工学部卒業、同大大学院数物系研究科博士課程修了。工学博士。東京大学教授、パリ大学客員教授、ルーバン大学特任教授などを経て、2003年より理化学研究所脳科学総合研究センター長。現在は、同センター特別顧問。東京大学名誉教授。神経回路網の数理的研究において数々の業績を上げ、IEEE Neural Networksパイオニア賞(1992年)など受賞も多数。国際神経回路学会創設理事、同学会会長も務める。2012年には、文化功労者に選出される。著書に『情報理論』(筑摩書房)、『バイオコンピュータ』(岩波書店/一九八七年 講談社科学出版賞受賞)など。

甘利俊一の作品

神経回路網の数理―脳の情報処理様式 (システム・サイエンス・シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする