遅刻者

著者 :
  • 思潮社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784783702368

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつでも思考に明滅する詩集。
    匂いと、セロファン越しの光景

  • 再読。パッヘルベルのカノンを聴きながら。

    廊下の突き当たりにあった薄暗い理科室には七月の昼下がりでもひんやりとした空気が漂っていた。そこにあったガラス扉つきの棚からアンモナイトの化石やヘビのホルマリン漬けを取り出すみたいに、私は記憶の引き出しから拾い上げた光景を瞼の上に描く。それが5年前でも10年前でも、昨日よりはるかに近い場所に私は居るように錯覚する。

    私はあなたが見た景色と同じものを見ようとしてあなたの後ばかり追っていた。私はずっとあなたの背中ばかり見ていた。けれども、私たちは同一円周上にいて、あなたは私の背中を見ていたのかもしれない。あなたの言葉のなかに私がいて、私の言葉のなかにあなたがいるのだから。
    答えはなくとも、私はあなたの名前を呼び続けるでしょう。

全3件中 1 - 3件を表示

金子千佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ガブリエル ガル...
アニー・ディラー...
巖谷 國士
山尾 悠子
木地 雅映子
リチャード ブロ...
ポーリーヌ・レア...
倉橋 由美子
倉橋 由美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする