石原吉郎詩集 (現代詩文庫 第 1期26)

著者 :
  • 思潮社
3.73
  • (3)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783707257

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『デメトリアーデは死んだが』が力強く感じた。
    『花であること』は花=人間の読み替えで読むと、自分は強い感銘を受けた。
    また『肉親へあてた手紙』を読み、自分もまたこの人とまったく無関係ではいられないのだと思った。

    清水昶の詩人論が一面的で、嫌いな言葉遣いだった。ほんとうに『肉親へあてた手紙』を読み込んだ人であるなら、こんな文章書くはずがないと思った。あるいはこの前に置かれた笹原常与の詩論に深く納得したため、それと同レベルの深さを自分が期待してしまったからかもしれないが、それにしても詩に政治的な考えはやはりあまり持ち込まないようにするべきだと思う。

  • 先日友人からおいしいリンゴをもらった時、ふと石原吉郎さんの「居直りりんご」を思い出しました。

    そして、無性に詩集を読み直したくなったのです。

    硬質で芯の通った沢山の詩の中でも、「麦」と「花であること」は暗誦するほど大好きです。

    • ruozaiさん
      おかげでわたしも買うことにしました。
      おかげでわたしも買うことにしました。
      2011/11/12
  • 「花であることでしか/拮抗できない外部というものが/なければならぬ/──」
    願わくは、私も一つの「花」でありたい

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

大正4年静岡県伊豆に生れる。昭和13年東京外語ドイツ語部卒。昭和14年応召、在隊中ロシア語の教育を受ける。昭和20年敗戦の冬ハルピンでソ連軍に抑留され、アルマ・アタへ送られる。昭和24年カラガンダで起訴され、重労働25年の判決を受ける。昭和28年特赦により帰還。

「2016年 『サンチョ・パンサの帰郷』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石原吉郎の作品

ツイートする