寺山修司詩集 (現代詩文庫 第 1期52)

著者 :
  • 思潮社
3.18
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783707516

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トマトケチャップ皇帝の衝撃が忘れられません。

  • 予想外に既読の作品が多くて残念…
    しかし、気になっていた『トマトケチャップ皇帝』が収録されていて良かったです。
    「詩集」とありますが、通常の詩だけではなく短歌や叙事詩、小説の様な文章も含まれています。

    1021-1029
    /////
    コトバの国に現れた手品師は最初、少年で歌人であり、抒情の一滴をキラリと光らせ人々を驚かせたが、これは人を鳥に変える少年のふるさとに誘いこむ魔法の笛であった。
    この笛が家出の笛に変わるのだが、そのためにコトバを短歌や詩のかたちから家出させ、それらはラジオや芝居やシナリオ、小説etc.に飛込み、こんどはそれらのかたちも変えていくのだ。コトバといっしょに人の感覚も思考も変えていく手品はもう手品ではなく明らかに事件であり革命である。この兇器の才能はいささかも弱まることなく加速度で増大する一方である。
    この秘密は、彼はリアリストで土着の血だけは手品で一度も変えたりはしないからである。

    <font size="3">例えばエグジスタンス教授の場合、彼は、すでに定年を過ぎた老教授だが、書斎の中の小さなガラスの金魚鉢の中に一匹のペットを飼っていた。
    ペットというのは「線」である。</font>

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

作詩:歌人・詩人。

寺山修司詩集 (現代詩文庫 第 1期52)のその他の作品

寺山修司詩集の詳細を見る 単行本 寺山修司詩集 寺山修司

寺山修司の作品

ツイートする