尾形亀之助詩集 (現代詩文庫 第 2期5)

著者 :
  • 思潮社
4.28
  • (22)
  • (7)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783707905

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この人はどんな眼で世界を見ていたのだろうと羨ましくなる。
    技術ではない。詩としてはアマチュアだ。しかしこの感性を真似ることはできない。

  • 『百貨店ワルツ』から。
    月と雨と少女と部屋。印象的な言葉。
    温度のない命が、この仮の世界でゆらりゆらりと漂っているよう。まるで白昼夢のように。

  • 少しづつ読み続けて、ようやく読み終わった。一つ一つの文が重く、すらすらと読めなかった。尾形亀之助の人生そのものと、どこまで絡めて読み込むべきなのか、いまだ決めかねている。或る日、ふっと手に取ってみることができるように、しばらくの間、本棚に見えるように置いておく、そんな詩集である。

  • 図書館でようやく見つけた古い本。
    たぶんこれじゃないと思うけど一応登録。

    ホリー・ガーデンの果歩に憧れて、ずっと読みたかった詩人さんです。
    とってもとっても可愛らしい。親しみやすい。すごく好きです。暗唱したくなるような可愛らしい表現がたくさん。

    カステーラのように明るい夜だ
    や、
    おゝこれは砂糖のかたまりがぬるま湯の中でとけるやうに涙ぐましい

    はもちろん、
    今日は針の気げんがわるい
    や、
    お可しな春
    など、何度も何度も読みたくなる詩がいっぱいです。
    ちゃんと購入して、自分の手元に置いておきたいと思いました。

  • 始めてネット古本屋を介して手に入れた。
    本屋にない。
    例にもれず江國香織がきっかけ。
    調べると、本人太宰よりもダメ人間。
    でも文はいい。

  • この人の言葉の一つ一つが大切に思えてくる。
    どくとくのリズムにひきこまれてしまう。
    高校生の時に図書館でいつも読んでいた大切な本。

  • 「夕方になつてみても
     自分は一度飯に立つたきりで
     そのまゝ机によりかゝつて煙草をのんでいたのだ

     そして 今
     机の下の蚊やりにうつかり足を触れて
     しんから腹を立てて夜飯を食べずに寝床に入つてしまった

     何もそんなに腹をたてるわけもないのに
     こらえられない腹立たしさはどうだ

     まだ暮れきらない外のうす明かりを睨んで
     ごはんです と妻がよぶのにも返事をしないで むつとして自分を投げ出している態は・・・・・

     俺は
     「この男がいやになつた」と云って自分から離れてしまいたい」

    尾形亀之助の詩の中で
    わたしがいちばんすきなのはこれ。

     「昼の部屋の中はガラス窓の中にゼリーのやうにかたまっている」

    つぎにすきなのは、これ。

    ぽつり、ぽつりと
    雨粒の降るような感じの
    そんな書き方がすき。

  • かなしみをこんなにもストンと表現できるものなのだな。

  • 愛読書。所収の最後の詩集「障子のある家」がベスト。こんな日本語で散文が書けたら死んでもいいです。

  • この人の言葉の一つ一つが大切に思えてくる。
    どくとくのリズムにひきこまれてしまう。
    高校生の時に図書館でいつも読んでいた大切な本。

全14件中 1 - 10件を表示

尾形亀之助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川端 康成
三島 由紀夫
川上 弘美
村上 春樹
村上 春樹
フランツ・カフカ
村上 春樹
トルーマン カポ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする