谷川俊太郎詩集 続

著者 :
  • 思潮社
3.92
  • (9)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (909ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783723165

作品紹介・あらすじ

綜合全詩集『谷川俊太郎詩集』正篇以後の、『落首九十九』から、名篇『旅』、青春詩集『うつむく青年』『空に小鳥がいなくなった日』、真骨頂を示す『ことばあそびうた』正続ほか、拾遺、未刊詩篇を収めた丸ごと全詩集900頁の大冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 似た本ありすぎてこれか分からないけど。
    「軽蔑」と「離婚届」がよかった。
    なんか、あぁーーーってきた。
    私にはまず詩なんて書けないだろなぁ。

  • 保存用。10年後に読む。

  • 全部読み通そうとは思わずに、気が向いたら好きなページを捲って下さい。
    どこを開いてもじんわりと名詩が出てきます。

  • 高価なので実際には購入していないのだけど、本屋に行くたびに手に取ってしまう。いつか・・・!
     他にもたくさん詩集は出版されていますが、「うつむく青年」と「朝のリレー」が収録されているので、これがよいのです。

    ******
    先月、やっと購入しました。
    ものすごい、達成感。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

谷川俊太郎(たにがわ しゅんたろう)
1931年、東京生まれ。父に、哲学者・谷川徹三。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業し、1948年頃から詩作の活動を開始。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で多岐に渡る活躍を続けている。
翻訳については、ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』や『スイミー』、ゴフスタインの絵本の数多くを手がける。詩集に『ことばあそびうた』、『みみをすます』、『日々の地図』、『はだか』、 『世間知ラズ』など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『わたし』『ともだち』『もこ もこもこ』、詩集に『シャガールと木の葉』、『すき』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』など。
萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞、三好達治賞、朝日賞など多くの受賞歴がある。

谷川俊太郎詩集 続のその他の作品

谷川俊太郎詩集〈続〉の詳細を見る 単行本 谷川俊太郎詩集〈続〉 谷川俊太郎

谷川俊太郎の作品

ツイートする