突然訪れた天使の日―リチャード・ブローティガン詩集

制作 : 中上 哲夫 
  • 思潮社
3.54
  • (2)
  • (9)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783724186

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「男がふたり車から降りる。/そして車の脇に立っている。ふたりは/ほかにどうしたらいいかわからないのだ。」(男がふたり車から降りる)
    ---
    「ぼくらは出合う。ぼくらはいろいろやってみる。なにも起こらない、/だけど/その後ぼくらは会うたびに/いつもどぎまぎする。そしてぼくらは視線をそらすのだ。」(ぼくらは出合う。ぼくらはいろいろやってみる。なにも起こらない、だけど)
    ---
    「ぼくは心をこめてこんにちはといった、だけど彼女はもっと心をこめて/さようならといったのさ。」(万事休す)
    ---
    「あたしの糞ったれ人生の最高に/見事にハングリーな朝は/フライド・ポテトのようにファックしてよ。」(フライド・ポテトのようにファックしてよ)

  • ブローティガンらしい、やわらかくて芯を捉えていてぼんやりとさみしい詩。手持ち無沙汰になるとお酒を飲んでしまいそうなあやうさ。

    もう遠回りをしたり、ばかみたいな無駄をして「いい経験でした」って言ったりする時間がないから、代わりにブローティガンの詩を読むのかもしれない。

  • 何故詩を読むかと言えば、今のところ意外性を伴う驚異を求めているからである。
    それは私の中でアリ地獄に踏み入る事と重なり、足を一歩出しただけでずぶぶと中心へ引き摺り込まれ、ウスバカゲロウにしてヤられるのと同等なのだ。
    しかし、この詩集には僕にとってのアリ地獄が無い。
    ウスバカゲロウが成虫になろうとしているからだ。幼虫が成虫になるのは自然な流れである。その代わり、その摂理を二度見して凝視したくなってしまう詩集だ。二度見して凝視するとその摂理さえも美しい。

  • 詩集というイメージを感じさせないピュアさが良い。

全4件中 1 - 4件を表示

リチャード・ブローティガンの作品

ツイートする