狂気の愛 (シュルレアリスム文庫)

制作 : 笹本 孝 
  • 思潮社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 6
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783727262

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シュルレアリスト親分(笑)ブルトンの散文。
    訳文が取っつきづらいせいか『ナジャ』より
    親しみにくく、愛着が湧かない。
    ただ、ここで語られているのは、
    なんだかんだ言っても、
    妻への愛と娘への愛だったりして、意外に微笑ましい。

  • [ 内容 ]
    〈愛〉がひきおこす困難と栄光。
    ロンドンとパリで開催された2つの国際シュルレアリスム展にはさまれた1937年に刊行された『狂気の愛』は、ブルトンがもっとも精力的な仕事を展開していた時期に当る。
    〈狂気の愛〉というテーマはフーコーの〈狂気の理性〉と通底する。
    絶対的な愛が現実に打ち克つ愛の栄光を止揚する。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • なんなんだ、こいつは。
    シュルレアリスム論を展開するのかと思いきや
    「オレとお前の母さんは運命的に出会ったんだぜ、ベイベー。
    オレは超お前を愛しちょるZE★ 娘よ」
    て内容だったんだけど。いかがなものか。
    光文社文芸文庫の新訳を読んでみることにする。

    こいつしゃべっとるの日本語じゃねえよ。一文が長い。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1896-1966年。フランスの文学者で、シュルレアリスムを創始した。1924年に『シュルレアリスム宣言』を刊行、自動記述などの表現方法を重視した。他に著作として『ナジャ』『黒いユーモア選集』など。

「2017年 『魔術的芸術 普及版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

狂気の愛 (シュルレアリスム文庫)のその他の作品

狂気の愛 (光文社古典新訳文庫) 文庫 狂気の愛 (光文社古典新訳文庫) アンドレ・ブルトン
狂気の愛 (シュルレアリスム文庫) 単行本 狂気の愛 (シュルレアリスム文庫) アンドレ・ブルトン

アンドレ・ブルトンの作品

狂気の愛 (シュルレアリスム文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする