• Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783727545

作品紹介・あらすじ

戦前検閲で削除されていた「恋愛」の章を加えた本邦初完訳。ブルトン、エリュアールの自動記述の重要な実験記録。自動記述によって無意識や潜在意識にひそむ神秘の扉がひらく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読破。
    ・taishin inoue邸で初めて手にとったときのような感動は少なかった。
    ・大雑把にいうとなかなか良かった。
    ・本当にコンセプト通りであるのかは疑問に思える。
    (自意識が支配する領域が割合多く感じられ、そしてそれは悪いことに良かったことだと思える)

  • [ 内容 ]
    戦前検閲で削除されていた「恋愛」の章を加えた本邦初完訳。
    ブルトン、エリュアールの自動記述の重要な実験記録。
    自動記述によって無意識や潜在意識にひそむ神秘の扉がひらく。

    [ 目次 ]
    人間(受胎;子宮内の生命;生誕;生活;死)
    憑きもの(神経衰弱擬似症の実験;強烈な偏執狂の擬似症の実験;全身麻睡擬似症の実験;表現錯乱擬似症の実験;早発性痴呆症擬似症の実験)
    仲介するもの(習慣の力;おどろき;わからないことはひとつもない;自然の感情;恋愛;生成の思想)
    原判決

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全2件中 1 - 2件を表示

アンドレブルトンの作品

ツイートする