渦巻カフェあるいは地獄の一時間

  • 思潮社
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (60ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783733485

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 片目は砂漠の海に焦がれ、眼球の後方で視神経の螺子がギチギチと締められてゆく酩酊の午前4時。夜の闇の余波と朝の光の兆候が音もなくせめぎあい、もつれあう薄明の青の時刻。πはφに変形し回転、遠心力で割れてグルグルと∞を描く眩暈が治まらない地獄くだりの一時間。
    波辺左端在れっぺの咆哮が谺する耳の幻術の穴を逍遥し、花と蜜の芳香が渦巻く猥雑な幻影の都市を彷徨し、底に沈み込む。

    「捨ててしまいなさい螺旋なんか」と焚きつけるように私に言うあなたはどなた。細胞の内奥に根づくDNAの二重螺旋の檻からは決して逃れられはしないのに。

  • とても美しい作品。口に出してささやきたいし、いつまでも眺めていたい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1951年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部日本文学科卒。戦後生まれ世代を代表する詩人のひとりとして、現代詩の先端を走りつづけるととともに、小説・批評・翻訳なども手がける。詩集に『川萎え』、『反復彷徨』、『特性のない陽のもとに』(歴程新鋭賞)、『風の配分』(高見順賞)、『ニューインスピレーション』(現代詩花椿賞)、『街の衣のいちまい下の虹は蛇だ』、『スペクタクル』、『ヌードな日』(藤村記念歴程賞)、『デジャヴュ街道』など。
選詩集に『現代詩文庫141巻 野村喜和夫詩集』などがある。小説に『骨なしオデュッセイア』、『まぜまぜ』、評論に『現代詩作マニュアル』、『萩原朔太郎』(鮎川信夫賞)、『証言と抒情―石原吉郎と私たち』、『哲学の骨、詩の肉』など。また英訳選詩集『Spectacle & Pigsty』で2012年 Best Translated Book Award in Poetry(USA)を受賞。

「2019年 『危機を生きる言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野村喜和夫の作品

渦巻カフェあるいは地獄の一時間を本棚に登録しているひと

ツイートする