きみの砦から世界は

著者 :
  • 思潮社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783734185

作品紹介・あらすじ

コーヒーをもう一杯。うつろう雲を眺めながら読みたい詩、「cloud nine」連作9篇を含む27篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 国立在住の方の本ということで手に取ってみた一冊。詩集であっという間に読み切ってしまった。静かな暮らしの感じが国立の風景にマッチして、親近感を感じました。そして詩のなかで使われる言葉と、職場で使う言葉や近しい友だちと話している言葉はやっぱり全然違うから、たまにはこういう詩集を読んで言葉や感性を広げていくことをしないと世界はどんどん狭まってしまうなと、ぼくの砦からはそんな風に感じた一冊でした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

小山伸二(おやま・しんじ)
1958 年鹿児島県生まれ。東京都立大学法学部卒。食の総合出版社、株式会社柴田書店を経 て、1988 年より辻調理師専門学校に勤務。現在は食文化の授業を担当。
立教大学 観光学部兼任講師、日本コーヒー文化学会常任理事、食生活ジャーナリストの会 副代表幹事。 書肆梓代表。詩人としても活動している。詩集『さかまく髪のライオンになって』(書肆梓)、 『きみの砦から世界は』(思潮社)ほか。

「2020年 『コーヒーについてぼくと詩が語ること』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小山伸二の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×