アンソロジーしずおか戦国の城

  • 静岡新聞社
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783811213

作品紹介・あらすじ

戦国時代、静岡の地は遠江・駿河・伊豆の三国に分かれ、名だたる武将たちがしのぎを削っていた。要衝には、敵の侵攻に備えて山城、平城、海城などが数多く築かれ、遺構は今もひっそりと各所に名残をとどめている。歴史小説界に新風を吹き込もうと創設された「操觚(そうこ)の会」のメンバー10人が今回、その県内の城にスポットを当てた。いずれも徳川、今川、北条、武田の軍勢が武門の意地と誇りを懸けて激突した舞台。各作家が1つずつ選んで、ユニークな人間模様を紡ぎ出した――。全編書き下ろしの異色アンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 息をもつかせずの一気読み。
    城を巡り、作者と視点が変わる事で見えてくるものがある。
    そして、読み終えた時に物語の中で生きている、かつて、歴史の中で生きていた人が愛しく思える。
    あー、楽しかった。

  • タイトルの通り、静岡県にある戦国時代の城のアンソロジー。そうそうたるメンバーが執筆。
    どの城にも、歴史あり。高天神城以外行ったことがないので、また足を運んで、当時に思いを馳せたい。
    地元のお城にも興味が湧いた。来年、行ってみよう!

  • 『紅椿』と『井川の血』が面白かった。今川、徳川、武田、豊臣そして織田。色んな視点から静岡の地に起こった戦をなぞれてよかったけど、親兄弟で名前が似すぎてごっちゃになったりしたので登場人物一覧が欲しいっちゃ欲しかった。
    薄化粧とか公家大名とか、ああ、信長に負けた…とか言われがちな今川の株がぎゅんと上がりました。とくに氏真ね!そして家康はなんかやっぱりちょっとやだ
    最近静岡駅に今川義元像ができたらしいのでがんばってほしいです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1958年大阪市生まれ。同志社大学卒業。読売新聞記者を経て、『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞。主に本格ミステリーを執筆しつつ、ジュヴナイルやアンソロジー編纂・編訳も手掛ける。

「2021年 『10歳までに読みたい世界名作 第4期 既3巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芦辺拓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×