ゆかいないっぴきはん

制作 : Shel Silverstein  大島 省子 
  • 篠崎書林
3.43
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784784104642

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 同じ人などいるはずがない

  • 原題 A Giraffe and A Half 原題にはちゃんと「きりん」がタイトルに入っていたんですね。 どうして今まで知らなかったんだろう。途中まで、読み聞かせするのが好きな「これはのみのぴこ」のように、きりんに起こった出来事の説明が2行ずつ増えていく。声に出して読むのが楽しそうな絵本。絵がまた楽しい。綺麗な線画。色を塗りたくなる。余白の活かし方とか、絵を描く上でも参考になりそう。

  • 少年ときりんは出会いのたびに荷物を増やしていき…。
    物語が増殖していく「作品」を表しているようでもあり人生のようでもあり。

    《ねずみがすんでるぼうしをかぶりせびろすがたですてきになってはなのあたまにばらつけてひざにはちをとまらせてかたあしくつにのりつけてフルートヒャラリとふいていてあたまのかみにいすつけてケーキたべてるへびつれてスカンク入りのトランクもってくるまにのったかいじゅうつれてくぎのささったじてんしゃこいでしっぽをかんだくじらをつれてもぐらのあなにおっこちたいっぴきはんのきりんになるよ》

    というのが途中の姿だけどどんな出会いをすればこんなことになるのでしょうか?
    どこからが「過剰」なのでしょうか。


    (2005年11月07日読了)

  • まるでマザーグースのような感じの楽しい絵本でした。

  • 10月使用。

  • ひげもじゃもじゃの、シルヴァスタインおじさんの笑 読んでたら、だんだん腹たってくる、絵もかわいいし、またそこがおもしろい、すてきんぐな絵本。

全6件中 1 - 6件を表示

シェル・シルヴァスタインの作品

ツイートする