東寺廿一口供僧方評定引付 第4巻ー自嘉吉三年至康正元年ー

制作 : 伊藤俊一  富田正弘  本多俊彦 
  • 思文閣出版
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784212262

作品紹介・あらすじ

◇日本中世の基本史料であり、国宝として名高い「東寺百合文書」のなかに含まれる「東寺廿一口供僧方評定引付」を編年順に編集・翻刻し、校定・注釈(とくに関連文書の注記)を加える
◇人名・役職立場・地名の比定などにそのつど傍注を付す
◇人名・地名・寺社名など重要語句については頭注を付し、別巻に索引を掲載する
◇本書所蔵の記事に関連する文書記録が東寺百合文書・教王護国寺文書・東寺文書・阿刀家文書その他にある場合は、補注で文書番号・日付・文書名などを掲げた

著者プロフィール

1978年愛知県生まれ。慶應義塾大学文学部入学。一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務専攻修士課程修了、現在、同博士課程在学中。都内コンサルティング会社にて某メガバンク本店にて、事業再生、事業承継、資本政策、相続税等を担当。特に、事業承継・少数株主からの株式集約・相続税・土地有効活用コンサルティングは数百件のスキーム立案実行を経験、同業士業からの相談件数は10,000件を超える。厚生労働省ファイナンシャル・プランニング技能検定試験委員、認定経営革新等支援機関
【執筆実績】『みなし贈与のすべて』ロギカ書房 2018年、税務弘報平成30年年4 月号「事業承継税制 平成30年度改正の使い勝手のホントのトコロ」、税経通信平成28年10月号「「種類株式」と「民事信託の活用」自社株承継スキームへの当てはめに係る留意点」、日本経済新聞朝刊平成25年12月25日21面「マネー&インベストメント」にインタビュー、他多数。東京税理士会等セミナー件数は年間約130本を超える。

「2019年 『Q&A 非上場株式の評価と戦略的活用スキーム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東寺廿一口供僧方評定引付 第4巻ー自嘉吉三年至康正元年ーを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする