京料理の文化史

制作 : 上田 純一 
  • 思文閣出版
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784218899

作品紹介・あらすじ

食と文学、フロイスがみた和食、精進料理、近世の料理屋、産物、宇治茶―
和食、とくに京料理の形成を、文化的な側面からとらえ、新たな京料理の見方を提案する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ある者の食事は他の者にとっては毒である。(はじめに:冒頭)という物騒な言葉で始まるが、和食文化を俯瞰するには格好の書物である。教養教育科目講義「和食文化論」などの研究会メンバー10名が執筆、さまざまな視点から和食を
    取り上げていて、歴史ものとしても読み応えある。大饗料理(公家を中心とした)・本膳料理(武家を中心とした)・精進料理(寺院を中心とした)・懐石料理(茶道とともに発達した)・会席料理などの成り立ちと推移も学際的に捉えられ
    ていて興味深い。京都府立大学京都和食文化研究センターの助力を得て刊行された。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:383.81||U
    資料ID:95170523

全2件中 1 - 2件を表示

京料理の文化史を本棚に登録しているひと

ツイートする