能管の演奏技法と伝承

著者 :
  • 思文閣出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784219322

作品紹介・あらすじ

六百余年もの長きにわたってわが国で伝承されてきた演劇、能。能の楽器の中で唯一の管楽器である能管(笛)は、物語の情景を彩る重要な存在でありながら、その演奏技法がいかにして形成されたかについての先行研究は少なく、未解明な点が多い。
 本書は、室町時代末期から昭和期までの唱歌譜の解読と、近現代の演者の演奏技法の分析を通して、能管を中心とする能楽の演出の形成過程を歴史的に解明しようと試みるものである。
 これまでは制度や演能実態などの社会的側面にばかりが注目されがちであった能研究の歴史に、音楽学の専門家である筆者が、演奏実践の観点から新たな1ページを刻む。

著者プロフィール

1976年、神奈川県生まれ。東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。同大学大学院音楽研究科博士後期課程修了。博士(音楽学)。日本学術振興会特別研究員等を経て、現在、京都造形芸術大学准教授。

「2018年 『能管の演奏技法と伝承』 で使われていた紹介文から引用しています。」

能管の演奏技法と伝承を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする