近代京都の美術工芸ー制作・流通・鑑賞ー

制作 : 並木誠士 
  • 思文閣出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784219384

作品紹介・あらすじ

本書は、明治・大正期の京都で制作・流通・鑑賞された絵画、工芸、建築、庭園さらには定期刊行物や書物など広範なジャンルをとりあげて論じることにより、近代京都の美術工芸をめぐる状況の解明を試みる。また、化学者や技術者、パトロンや学者たちなど、美術史の文脈にはこれまでほとんど登場しなかった人びとが、美術工芸家をめぐるネットワークとして浮かび上がる。
いまだ途上にある、近代京都の美術工芸研究を更新し、その作品や資料の評価、位置づけを問い直す論集。

著者プロフィール

京都工芸繊維大学教授

「2017年 『日本絵画の転換点『酒飯論絵巻』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近代京都の美術工芸ー制作・流通・鑑賞ーを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×