庭と建築の煎茶文化―近代数寄空間をよみとく―

制作 : 尼﨑博正  麓和善  矢ヶ崎善太郎 
  • 思文閣出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784219445

作品紹介・あらすじ

煎茶の流行、茶の湯(抹茶)の復興―
近代茶道界はまさに煎茶・抹茶がせめぎ合い、そして融合する時代であった。

それゆえ、煎茶に興じた数寄者たちの好みや背後にある煎茶文化をふまえなければ近代数寄空間(庭・建築)は理解できない。大正以降、茶の湯の流行とともに煎茶文化そのものは陰に隠れても、庭・建築に取り入れられた煎茶的な趣向は、茶の湯の世界と融合し、新たな近代数寄空間を形成していったからである。

これまで茶の湯の視座からのみ語られてきた近代数寄空間を煎茶的要素からよみとき、新たな解釈を提示する。

庭と建築の煎茶文化―近代数寄空間をよみとく―を本棚に登録しているひと

ツイートする