興福寺に鳴り響いた音楽ー教訓抄の世界ー (二松学舎大学学術叢書)

制作 : 磯水絵 
  • 思文閣出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784219933

作品紹介・あらすじ

興福寺はかつて日本音楽の一大中心地であり、声明(しょうみょう)(仏教音楽)や舞楽が一年を通じて絶え間なく鳴り響く寺院であった。興福寺がどのように音楽と関わってきたのか、あるいはどのような音楽が鳴り響いていたのか。鎌倉時代、興福寺で活躍した楽人(がくにん) 狛(こまの)近(ちか)真(ざね)が著した『教訓抄(きょうくんしょう)』をはじめとして、古代から近現代のさまざまな視点から興福寺の音楽に迫る。

興福寺に鳴り響いた音楽ー教訓抄の世界ー (二松学舎大学学術叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×