占領下日本の地方都市―接収された住宅・建築と都市空間―

著者 :
制作 : 大場修 
  • 思文閣出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784220090

作品紹介・あらすじ

戦後、占領軍によって日本各地で不動産の接収が行われた。民間住宅からホテルやデパートまでが取り上げられ、欧米流の生活に適するように改造、新築した「占領軍家族住宅地区」があちこちに出現した。

これまで顧みられることの少なかったその知られざる歴史に、現地調査・聞き取り・史料調査等のアプローチで迫り、実態解明を試みる。同時に、日本の住宅に持ち込まれた西洋の生活様式は接収解除後の日本人の住生活に何をもたらしたのか、占領軍の要請によって行われた建築事業は日本の建設業をはじめ、家具・什器・インフラ等の技術革新にどのような影響を及ぼしたのか、「接収」の建築史的・都市史的意味を考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本はどこを攻撃されどこを占領されたのか?そして現代ではどのようになっているのか?地方における負の歴史を読み解く一冊。 建築学科4年

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

京都府立大学大学院教授

「2019年 『京都人が知らない京町家の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大場修の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×