中世後期の守護と文書システム

著者 :
制作 : 川岡勉 
  • 思文閣出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784220304

作品紹介・あらすじ

中世後期の守護とは何であったか。

守護による分国支配は、諸国の地域的特質に規定されて一律に論じられない多様性を持っている。ゆえに、その実態解明はともすれば個別分散的になりがちであった。こうした研究状況を打破し、「守護とは何か」という課題に正面から挑む。

本書の基礎として、北は東北地方の伊達氏から南は九州の島津氏に至るまで、中世守護の受発給文書を網羅的に収集・データベース化。複数の守護家とその受発給文書を相互に比較・検討しながら、守護権力の地域的な差異や、各国・各守護家の特質、そのあり方を全国的規模で把握する。

著者プロフィール

1956年、島根県に生まれる 1979年、静岡大学人文学部卒業 1986年、大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学 現在、愛媛大学教育学部教授 ※2012年11月現在
〈主要編著書〉『室町幕府と守護権力』(吉川弘文館、2002年)、中世の地域権力と西国社会』(清文堂出版、2006年)、『山名宗全』(吉川弘文館、2009年)

「2021年 『山城国一揆と戦国社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川岡勉の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×