原始・古代住居の復元 日本の美術 (No.420)

著者 :
  • 至文堂
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (98ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784334209

著者プロフィール

宮本 長二郎(みやもと・ながじろう)
1939年大阪に生まれる。横浜国立大学工学部建築学科卒業・同大学院修了後、東京大学大学院をへて、1967年奈良国立文化財研究所に入所。1991年より文化庁文化財保護部建造物課主任文化財調査官。94年東京国立文化財研究所に入所、95年より同所国際文化財保存修復協力センター長。99年より2007年まで東北芸術工科大学教授。工学博士。20年にわたって平城京内の寺院や宅地跡、平城京跡の発掘にあたってきた。おもに縄文時代から中世にかけての住宅建築を専門とする数少ない学者である。そのため全国の発掘現場からの要請で、各地方の遺跡を多数調査している。著書に『岩波講座日本考古学 4・集落と祭祀』(岩波書店)『日本古代史 5・豊饒の大地』『日本古美術全集 6・西大寺と奈良の古寺』(集英社)『日本原始古代の住宅建築』(中央公論美術出版)ほか。

「2010年 『新装版 平城京 古代の都市計画と建築』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮本長二郎の作品

原始・古代住居の復元 日本の美術 (No.420)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×