論理哲学論考

制作 : 木村 洋平 
  • 社会評論社
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784508730

作品紹介・あらすじ

初めて詩として訳された『論理哲学論考』。厳格な解釈に基いて、鋼鉄の文体を翻訳する。ヴィトゲンシュタインの声を届ける新訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この翻訳は読みやすい。論理学の書物なんだけど、詩集を読んでるようなきらびやかさ?がある。これで修士論文なんでしょ?(笑)なんぞ(笑)

  • 岩波の論理哲学論考は700円、こっちはラッセルの追加もないけどこっちを選んだ

  • 詩としての論考。もちろん難しいけどステキ。

  • 初期のウィトゲンシュタインはあまり好きではないのですが、
    この翻訳者さんの姿勢はとても好きです。
    二行目から主語を抜いただけでも、この本の価値はあると思います。

全5件中 1 - 5件を表示

ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
外山滋比古
ルートヴィヒ ヴ...
ミヒャエル・エン...
ジャレド・ダイア...
ルートウィヒ・ウ...
ミシェル・フーコ...
マックス ヴェー...
ミシェル・フーコ...
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする