世界軍歌全集―歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代

著者 :
  • 社会評論社
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784509683

作品紹介・あらすじ

43ヵ国にわたる60政権、300曲の愛国歌・国民歌・戦時歌謡・闘争歌・革命歌・労働歌・郷土歌・宣伝歌。ミリタリー音楽大全。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 法学部4年 配架場所:3F南和図書 請求記号:767.6/Ts48 登録番号:2012107405

  • たしかにこの本を読みながらYouTubeで軍歌を流すと、確実に違う世界に行っているような気がする。トリップとかドライブとかそんなのじゃなくて、近代を土俗的に体験するような感じ。
    聞いたことのないドイツやイタリアの軍歌であっても、聞いたことがあるような感じがするというよりも、その「世界観」がきっちりと理解できるのだ。デジャブを強烈にした感じ。

    あとなんでか分からないけど、私はソ連の軍歌が好きだ。ドイツの軍歌はどれもあまり好きではない。
    中国、北朝鮮、日本、アメリカ、フランス、イタリアなどと色々聞いてみて、ソ連が一番しっくりくる。これは自分の中のなにと結びついているのかさっぱり分からない。

    最後にだけど、ものの特質上今回本を読みなたらYouTubeで検索した。これってものすごく新鮮な読書体験だった。
    ロシア語とか入力が大変だったので、バーコードでも印刷してくれればいいのにと思った。
    バーコードリーダーなんか持ってないからダメかと思ったけど、そんなことない。スマホがある。
    これは、音楽やアニメや、その他なんでもいいや。そういうのと結びつくのにすごくいいのではないかな。

  • 辻田真佐憲『世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代』社会評論社、読了。フランス革命から現代まで。約400曲の原歌と対訳を収める「全集」。国民国家とは軍隊の歴史。歌が兵士と市民を鼓舞した歩み。圧倒的な情報量と解説に驚く。著者は20代。すごい。

  • 何ヵ国もの言葉を理解できたら、君はその能力を何に使うだろうか。
    ここに、27歳にして24ヵ国語を理解するポリグロット(多言語話者)がいる。彼はその天才的な才能を、世界中の軍歌の翻訳に投じてしまっていた。……なんという才能の無駄遣い。結果できたのがこの本『世界軍歌全集―歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代』だ。直訳調をよしとせず、43ヵ国60政権300曲の軍歌を漢文・古文調に翻訳した辻田真佐憲、彼は軍歌の何を愛するのか。――http://wpb.shueisha.co.jp/2012/01/10/9050/より

  • 先日ジュンク堂で立ち読み。
    軍歌というが、建国歌となったものや、党歌となったものなども含め、さまざまなイデオロギッシュなものが収録されていた。
    歌詞や歌の中から、さまざまな民族主義的な動向や、政治的な問題などを考える題材になるか、と考えてみる。
    いつか一見し、その是非について考えてみたい。

  • 軍歌とか党歌はyoutubeにアップされてるが、歌詞の解説を本書で確認できる。金正日を讃える歌も収録されている。外国語の勉強にも最適(エ

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1984 年、大阪府生まれ。文筆家・プロパガンダ研究者。慶應義塾大学文学部卒業。著書に『世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代』(社会評論社)、『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』(幻冬舎新書)。監修に『大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)、『日本の軍歌』(晋遊舎ムック)などがある。軍歌の復刻にも取り組み、『大名古屋軍歌』『續・大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)の監修もつとめる。

「2014年 『愛国とレコード』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辻田真佐憲の作品

世界軍歌全集―歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代を本棚に登録しているひと

ツイートする