ダメ人間の世界史―引きこもり・ニート・オタク・マニア・ロリコン・シスコン・ストーカー・フェチ・ヘタレ・電波 (ダメ人間の歴史)

  • 社会評論社
2.30
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (4)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784509768

作品紹介・あらすじ

自分が大物になると勘違いしているダメ人間達は、勝手に自己投影、感情移入して生きる希望を持とう!現代病理的なキーワード・概念で、世界史の偉人63人を再解釈。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界の偉人の駄目ポイントについて軽く突っ込んだ本。
    マルクスの駄目さより信奉者かつ協力者のエンゲルスの献身ぶりが光る。

  •  なんというか、タイトルに惹かれて、面白そうだなーと思って読んでみたんですが、途中で投げ出しました。

     いやあ……久々に途中で投げ出しました。
     お前なんかに費やしている時間がない! というもんです。

     まあ、ある意味いいんだと思うんですよ。
     軽い読み物を狙っているんだったら、それはそれで有りだと思います。
     しかし、歴史を語るのであれば、こうこうこういう文献を参考にしたら、この人のこういうところがわかって、こうだったから、やっぱりダメ人間だよねー……ということをちゃんと根拠を元にじっくりとエピソードつきで解説してもらえることを目的に読んでいるのですが、残念ながら、そこまではまったくしてもらえてなかった。
     さらっとまとめて何人かを解説して、はい次。

     いや、いくらなんでもショボすぎだろう……と思わざるを得ない。
     いや、2、3ページで一つを区切るのはいいと思うんですが、せめて、一人の人物について2、3ページを費やしてくれればいいと思うんですが、その2、3ページで2~3人。下手したら4人をまとめて紹介されちゃうから、全然、話に深みがない。
     でしょ? だからダメ人間でしょ? ってぺらっぺらのエピソードで語られても、「それだけ?」ってなるので、本当にもうちょっと、一人ひとりの人物について大切にした上で、深みをもって話してほしいと思う。

     要は求めるものが、私とはまったく合わなかった。
     さらっと読みたい人にはいいのかもしれないけど、私は二度と、このシリーズに手を出すことはないと思います。

  • やっぱり読んでしまいました。
    世界史にはあまり明るくなく日本史とくらべて知らない人が多いので、うっかり偉人としてではなくただのへんな人として記憶に残ってしまいそうで怖いです。いかんいかん!
    しかしネロとかエリザベート・バートリとかジルドレとか、そういうシャレにならない人はやっぱり収録されてないんですね。偉人とは言い辛いからか。

  • 2011/12/09:日本史に引き続いて読みましたが、日本史よりも幅広い地域なせいか、かなり苦しいこじつけっぽいのがあったのが残念。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

山田 昌弘(ヤマダ マサヒロ)

1957年、東京生まれ。1981年、東京大学文学部卒。
1986年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。
現在、中央大学文学部教授。専門は家族社会学。コピーライターとしても定評がある。
NPO全国地域結婚支援センター理事

【著書】
『パラサイト・シングルの時代』『希望格差社会』(ともに筑摩書房)、『新平等社会』『ここがおかしい日本の社会保障』(ともに文藝春秋)、『迷走する家族』(有斐閣)、『「家族」難民』(朝日新聞出版)などがある。

【公職】
•内閣府 男女共同参画会議・民間議員
•文部科学省 子どもの徳育に関する懇談会・委員
•社会生産性本部 ワーク・ライフ・バランス推進会議・委員
•厚生省 人口問題審議会・専門委員
•経済企画庁 国民生活審議会・特別委員
•参議院 調査室・客員研究員
•東京都 青少年協議会・委員
•同 児童福祉審議会・委員
•内閣府 国民生活審議会・委員
などを歴任。

「2016年 『結婚クライシス 中流転落不安』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田昌弘の作品

ツイートする