生死 ─看取りと臨終の民俗/ゆらぐ伝統的生命観 (叢書・いのちの民俗学3)

著者 :
  • 社会評論社
1.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784517015

作品紹介・あらすじ

先立つ人から教わる「死」の現実。生死をくり返し歴史はつくられてきたはずだが-。民俗の実例をたぐりよせ"死の学習"へ誘う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三葛館一般 385||SO||3

    保健看護学部 鹿村眞理子先生
    本書は、日本人が伝統的に持ち続けてきた死生観について、事例を挙げてわかりやすく述べています。医学も看護学も、生まれてから死ぬまでの人の一生に関わる学問です。ですから、日本人が育んできた「いのち」に対する考え方や、老人の役割、そして看取りについて知ることはとても大切です。将来医療を担う学生の皆様に、これから迎える超高齢社会に対してどのように知恵を絞っていくべきか、手がかりを与えてくれると思います。

    和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58847

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

伊勢崎市赤堀歴史民俗資料館長を経て、現在國學院大學、慶應義塾大学等非常勤講師。主著に『叢書いのちの民俗学(1~3巻)』等

「2014年 『日本人の一生 通過儀礼の民俗学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

板橋春夫の作品

生死 ─看取りと臨終の民俗/ゆらぐ伝統的生命観 (叢書・いのちの民俗学3)を本棚に登録しているひと

ツイートする