マガジンハウスを創った男 岩堀喜之助

著者 :
  • 出版ニュース社
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785201296

作品紹介・あらすじ

「ザッシヲイッショニヤラナイカ」戦後すぐ、焼け跡のビルの片隅で夢を語りはじめた男。彼は、なんの確信もないまま同志を募り、夢と希望をのせた『平凡』という雑誌に、すべてを捧げたのだった-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マガジンハウスを受験していなかったら、出会うことも、読むこともなかったでしょう。そんな類の本でした。著者は岩堀の長女とのこと。昨日、マガジンハウスの面接に行き、本の内容と銀座周辺の景色、ビルの概観が重なり、ああ東京ってすごいなあって思った。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

昭和14年、平凡出版(現マガジンハウス)創立者岩堀喜之助の長女として東京に生まれ、疎開先の小田原で育つ。学習院大学文学部を結婚のため中退。日本ペンクラブ会員。日本文芸家協会会員。平成8年「モンテンルパの夜明け」で潮賞ノンフィクション部門賞受賞。「岡倉天心物語」(神奈川新聞社)「美空ひばりふたたび」「母の歌ふるさとの歌」「八重の生涯」「パラオの恋芸者久松の玉砕」「官兵衛の夢」「天心つれづれ」「松陰の妹」(以上北辰堂出版)ほか多数。

新井恵美子の作品

ツイートする