解析学序説 上〔新版〕

著者 :
  • 裳華房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785310301

作品紹介・あらすじ

微分積分学の標準的な教科書・参考書として多くの読者に親しまれてきたものである。
 形式的ないし算法的に扱える話題を上巻にまとめ、理論的に立ち入った話題を下巻にまとめた。たとえば、上巻には、偏微分、複素関数の初歩、累次積分などが収められているので、上巻だけでも微分積分の教科書として充分に活用できる。

著者プロフィール

京都大学名誉教授

「2016年 『新装版 微分積分学入門 第一課』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一松信の作品

ツイートする
×