流体力学 (前編) (物理学選書 (14))

著者 :
  • 裳華房
4.00
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785323141

作品紹介・あらすじ

本書は、流体力学の本質的に重要な点をできるだけ絞り、それについてできるだけ丁寧に解説するという方針で書かれた書である。そして、完全流体についての徹底した解説と、粘性流体についてはおそい流れについてまでを詳述した、著者のライフワークともいうべき力作である。
 ※お詫び:2004年に著作者逝去により、後編は企画中止となりました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 流体力学といえばこの本、物理テキストシリーズも良書。
    後編は未完である。

    理図書 423.8||I43||1 11132776

  • [ 内容 ]
    本書は、流体力学の本質的に重要な点をできるだけ絞り、それについてできるだけ丁寧に解説するという方針で書かれた書である。
    そして、完全流体についての徹底した解説と、粘性流体についてはおそい流れについてまでを詳述した、著者のライフワークともいうべき力作である。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 神保町の老舗,明倫館書店で購入.流体力学の古典らしいです.

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京大学名誉教授、工学院大学名誉教授、理学博士。1914年 大連に生まれる。旧制第一高等学校卒業、東京帝国大学理学部卒業。大阪大学助手、東京大学講師・助教授・教授、大阪大学教授、工学院大学教授などを歴任。日本学士院会員。1988年文化勲章受章。2004年逝去。主な著書・訳書に『物理学概説(上)(下)』(共著、裳華房)、『流体力学』(岩波書店)、『流れの科学』(翻訳、河出書房新社)などがある。

「1973年 『流体力学(前編)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今井功の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×