つながりの科学―パーコレーション (ポピュラー・サイエンス)

著者 :
  • 裳華房
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (97ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785387167

作品紹介・あらすじ

本書は、「つながり」に焦点を当て、さまざまな現象の性質を決める上でそれがどのような役割を果たしているかを紹介するものである。理論の説明は、日常の現象を理解する上で必要な最小限にとどめ、できるだけ多くの現象に触れて、その中からつながりの果たす役割を理解し、また他の現象への応用もしていただけるよう心がけた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全体に占める割合がある一定の閾値を超えると、つながりが全体に広がる、という普遍的な原理

  • [ 内容 ]
    本書は、「つながり」に焦点を当て、さまざまな現象の性質を決める上でそれがどのような役割を果たしているかを紹介するものである。
    理論の説明は、日常の現象を理解する上で必要な最小限にとどめ、できるだけ多くの現象に触れて、その中からつながりの果たす役割を理解し、また他の現象への応用もしていただけるよう心がけた。

    [ 目次 ]
    1章 プロローグ
    2章 つながりの世界
    3章 パーコレーション
    4章 ひもと樹状ネットのつながり
    5章 面上のつながり
    6章 立体的なつながり
    7章 連続空間におけるつながり
    8章 遙かなるつながり
    9章 無限と有限の間で―フラクタル
    10章 広がる応用
    11章 エピローグ

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 身近な例で「つながりの科学」(パーコレーション)を説明した本。
    どういう状態をつながりとして考えられるのか、ものはどういう状況でつながりやすくなるのか、などといったことを簡潔に具体的な例を挙げて紹介している。
    こうした分野があることとそのアプローチの概要を知るために役立つ。

  • ワークショップ「つながりをたどる」:“本日の一冊”本

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

九州大学名誉教授、理学博士。1945年 京都府に生まれる。京都大学理学部卒業、京都大学大学院理学研究科博士課程修了。ニューヨーク市立大学研究員、ブランダイス大学助教授、京都工芸繊維大学教授、九州大学教授、東京電機大学教授などを歴任。

「2017年 『エッセンシャル 統計力学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小田垣孝の作品

ツイートする