機密保持と化学―紀元前から現代まで (ポピュラー・サイエンス)

著者 :
  • 裳華房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (93ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785387297

作品紹介・あらすじ

本書は、以前に東京大学教養学部の文科生対象に行った「物質化学」の講義で利用したプリントの中からいくつかを選び、それをもとに拡大増補したものです。ふさわしい文学作品や歴史文書などを導入部にすえて、以後の話を展開するようにしてあります。「機密保持」と「化学」は一見あまり関係したところがないようにも思えるのですが、「化学情報」そのものの「機密を守る」ことと、「機械情報」を保護する化学的な手法の両方を、多少とも欲張って含めたつもりです。

著者プロフィール

前日赤看護大。著書多数

「2016年 『赤外分光30講』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山崎昶の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×