新しい農業の風はモクモクからやって来る

  • 商業界
3.44
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785503994

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本を読み終わって、農業の可能性って無限大だなとワクワクしてる。

    農業+食育をベースに成長してきた「もくもくファーム」が、次のテーマに掲げるのは、福祉、教育、スローフード、医療。たしかにそこには新たな農マーケットがあると思う。

    うちの畑もスローライフを提案するような場にしていきたいと思っていて、もくもくファームの活動にはアイデアが詰まっているので、これからもフォローしていきたい。

    で、つい先日、はじめてファームに訪れてみたんだけど、大人ながらにはしゃいでしまった。行ってみるとわかるその楽しさ。まずは一度行ってみ。

    もくもくファームに遊びに行った時の様子はブログに書いてます。⇛ http://ymmfarm.com/agribiz/1655.html

  • 挑戦し続ける姿はビジネスの原点である!
    農業を取り入れて前に進む姿はすごい・・・

  • 津市久居ふるさと文学館----芸濃図書館。

  • モクモクファームは六次産業の旗主。一次産業(生産)×二次産業(加エ)×三次産業(販売)の全てを手がける集団。
    六次産業というあり方は、分業による弊害を乗り込えることを目指していて、考え方としては受け入れられても、実践となると成功しているケースはほとんどない(個人商店は別として、一定以上の規模や期間で、ということ)。このモクモクは数少ない成功事例。その取組みを聞き書きでまとめた本。
    モクモクは伊賀豚というブランドの立ち上げから始まり、ハム、レストラン、ファーム、食育、などおよそ四半世紀でスタッフ280人、年間売上47億円まで大きくなっている。ふわぁ〜、すごい。
    組織論としても面白い。上に熱く強い思いを持った創業者オーナーがいて、下に多様な背景と強みを持った従業員がいて、互いに「私の名前と責任と誇りにおいてこれをやるんだ」と思っていること、互いに聞く耳を持っていること、これが大切。悪しき官僚主義、サラリーマン根性は、ない。
    興味深かったのは、苦労話の多くは第三次産業と資金繰りに集中していること。人間(信頼)関係の話もあるけど、やっぱりそこですかね。
    ライターの青山さんはいい仕事した。木村修・吉田修という二人の個性ゆたかで強烈なキャラの創業者の話をうまくまとめているし、様々な内部・外部の声も集めている。

全4件中 1 - 4件を表示

木村修の作品

ツイートする