平成27年改正個人情報保護法のしくみ

  • 商事法務
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785723385

作品紹介・あらすじ

すべての関係者がわかりやすいよう、改正ポイントとともに、基礎的な個人情報保護法の解説をすることで、法律の全体像が把握できるように構成。12年ぶりの大改正をフォローした入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 立法の担当者による今回の改正で私はこうしたかった、という本。

    個人情報保護法の改正の背景から改正内容まで網羅的に解説が含まれている。そう書けと言われたのかどうか知らないが、担当者のアツイ想いが伝わって来て、事業者の関係業務従事者としては好印象。
    関係ないかもだけど、装丁がいけてる。

    紀伊国屋で買ったと思ったけど、履歴がない。

  • 平成27年改正個人情報保護法を解説するもの。解説そのものが分かりやすく、例示もあり、また、適度に突っ込んだ記述もあって、この種の解説書としては特にいいですね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

日置巴美(ひおき ともみ)
弁護士。弁護士法人内田・鮫島法律事務所アソシエイト。主な業務分野はIT、情報法、ファッション、個人情報保護法制、データ取引。関西学院大学大学院司法研究科修了。司法修習の後、国会議員の政策担当秘書を歴任。消費者庁消費者制度課個人情報保護推進室政策企画専門官に着任し(2013年9月~2015年12月)、個人情報保護法改正のため内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室パーソナルデータ関連制度担当室参事官補佐を併任(2014年3月~2015年12月)。2016年1月~6月、個人情報保護委員会設置に伴い個人情報保護委員会事務局参事官補佐として施行令改正等を担当し、現在に至る。

日置巴美の作品

ツイートする