天にひびき 1巻 (ヤングキングコミックス)

  • 少年画報社
3.69
  • (14)
  • (34)
  • (31)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 267
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・マンガ (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785932909

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 同じ音楽を題材にするからには『のだめ』と比べてしまえば
    娯楽作品としては主題の提示も消化も最初の一巻としてあまりに不十分
    指揮をりくつづけて説明しようとしているところは良いかも

  • 「夢のお仕事さがし大図鑑」から、<指揮者>のお仕事がよくわかる、と紹介されていた漫画。
    しかし主人公はバイオリニストの少年であった。。。

  • 現実的なのだめという感じ

  • 幼いころから 指揮者としての才能を秘めた少女・曽成ひびきと、その才能に強く惹かれ、振り回され、かつ自分の進むべき道に悩む バイオリニスト秋央の成長物語。


    主人公の秋央は、幼い頃からバイオリンを学び、本人もまわりも、凡人の域を出ない事を なんとなくそのままに成長し、音大生となった。

    秋央が音楽への強い思いを持てなかったのは、
    ひびきが 父親の代振りとして オケの練習の指揮をした時に見せた、音楽のすばらしさに触れて あてられたから・・・。

    大学でひびきと再会し、
    秋央はあらためて、才能の差に苦悩する。でも、惹かれずにはいられないひびきの音楽の世界。

    音大生のリアルな生活がある、というかんじ。

  • 天才指揮者であるひびきによって魅せられた青年が
    ひびきを追いクラシック音楽の道をゆく話。

    専門的なことが多めに解説されたりするクラシック音楽好き
    向けの漫画。

  • 天才型女性オーケストラ指揮者の話。

  • 全巻
    天才の話よりも周りの人々の話が面白い。
    終わり方が急すぎ。

  • 本やのポップに乗せられてかいました。
    普通に面白いです。

    天才指揮者?のヒロインと、バイオリニスト?の主人公の話。
    ですが、ヒロインは、この間ではほとんど指揮をしません。
    おもしろいのですが、いささかテンポが悪いと思います。
    月刊誌なのだから、もうちょっとサクサクと進めないと飽きてしまう気がする。

  • 雑さは目立つけど<br /><br />バイオリンを習う少年はある日、父の演奏するオケを突如現れた自分と同世代の少女が指揮して、オケを瞠目させる現場を目撃してしまう。以来その音楽が耳から離れない少年は、スランプに悩まされながら、音大へ入学。そこでその少女と偶然再会することになる。<br /><br /><br />めちゃくちゃ少年漫画っぽい王道な話で、週マガでやってもおかしくないような内容。<br /><br />子供の頃に聞いた天才(ライバル)の理想の演奏を追い求めるあまり、自分の音楽の限界に悩まされる、という話の構造は、『ピアノの森』そのもの。<br />実際二番煎じ感は拭えない。<br />ただ、本作の場合、両者の関係が、直接のライバルではなく、指揮者とバイオリニストという共存可能な立場にあるところが新しい。<br /><br />次に期待。<br />あとどうでもいいけど、これ装丁が『バロンドリロンド』に似てる。

天にひびき 1巻 (ヤングキングコミックス)のその他の作品

やまむらはじめの作品

ツイートする